通信制の学校に通おう!

Contents

学校教育のほんとうの姿について

通信制の学校に通おう! 学校教育に求められることとはどのようなことでしょうか。こういった内容については、さまざまな意見がありますが、保護者が求める学校教育の一番は教科書レベルは基礎的な内容にし、苦手な教科を優先的に指導教育して欲しいということなのです。また、学校に競争をもっと持ち込んで学習に取り組んで欲しいと言った意見もあるようです。

しかし、学校にこのようなことを求めるのはおかしいと言った意見もあるのです。学校は集団教育の場であり、先ほどの意見は学習塾の内容になってしまうのです。こういった意見には常に個人的な感情を持ち込むことが多く、それが無理な希望になってしまう場合がよくあるのです。本来の学校場というのは、集団教育の中に自然と生まれてくる個々の感情を取り入れてあげる場所なのです。学校側が競争を高める教育をするのではなく、生徒一人一人が自然に競争力を高めていく場所なのです。

こういった保護者の意見が、学校の先生を困らせていることにも繋がってきます。無理に生徒に押し付けることにより、それがしわ寄せとなりトラブルへと繋がっていくのです。昔の学校教育が評価されているのは、学校のメインはあくまでも生徒であり先生であったからです。一方的な保護者の意見もなく、保護者は常にその教育を見守る役目だったのです。