通信制の学校に通おう!

Contents

学校の先生の業務について

通信制の学校に通おう! 学校先生と言えば、皆さんはどのようなイメージを持ちますか。夏休みがあったり、給食があったり、子供と一緒に勉強や遊びや楽しそうといったイメージを持っている方は、それは大きな間違いかもしれません。一般的によく聞く話として、子供が長期休暇の場合は学校の先生はどうしているのかということです。

実は、子供が休みの場合であっても、先生は仕事をしています。学校の先生は休みがほとんどないと言われるのがこのことで、ほんとうに過酷な業務内容なのです。まず、大きな問題になっていることが、子供に向き合う時間がほとんどないと言う事です。昔は学校の先生の業務は、常に子供に接することで信頼関係などを築いていたと言われえています。

しかし、現在の環境ではこういった当たり前のこともできないのが現状なのです。なぜなら、子供に対する学習能力の向上がメインになっているので、学校の先生は常に能力を求めて書類の作成や指導方法、または保護者との面談を行っているのです。こういったスタイルが定着した今、昔と比べ結果的に先生が落ち着ける時間がないということになるのです。理想は、常に子供の一人一人のことを考えてあげることで、その子の個性を伸ばしてあげることや、間違った考えの子への正しい教育を行ってあげることなのですが、そういったことも学習能力の向上に押し流されているのが現状なのです。